ハラル認証を受けたフランチャイズ飲食店の勧め

ハラルの認証を受けた飲食店のフランチャイズに注目が高まっています。なぜなら、国内でイスラム教徒が食べられる食べ物を提供する飲食店が非常に少ないという現実があります。

世界的なイスラム教徒の人口増加とともに、2020年の東京オリンピックに向けて、来日するイスラム教徒は今後も増加すると予想されています。

参考記事:イスラム「ハラル認証」食品 東京五輪に向け広がる

そのため、ハラルの認証を受けた飲食店の需要は増加すると思われます。本日はコンサルタントの筆者がフランチャイズのハラル認証について詳しく解説いたします。

続きを読む

フランチャイズを成功させる3つのポイントとは?

サラリーマンの方や、現在職についていない方が、独立の方法の一つとして考えるのが、「フランチャイズ」だと思います。

TVやメディアなどで、「フランチャイズは大変」あるいは数年前ニュースになった「セブンイレブンの廃棄ロス」訴訟の問題をみて、どちらかと言うとネガティブな印象が多いのではないでしょうか?

そして重要な事は「実際にフランチャイズは成功し、儲かるのでしょうか?」

この問いに関して言えば、以下の3つのポイントを押さえれば、成功する確率は高くなります。

①自分が好きなものを商売にする事
②フランチャイズのデメリットが最小限なフランチャイズに加盟する事
③一定以上の需要が今後も見込める事

本日は、コンサルタントの筆者がプロのポイントを説明いたします。

続きを読む

フランチャイズと直営の3つの違いを解説

フランチャイズビジネスを検討している人は、フランチャイズについて調べていると思いますが、では「フランチャイズ」と「直営」の違いとはなんでしょうか?

まずフランチャイズを募集する場合の企業のメリットは、スピード経営で多店舗展開し、かつ低資金で行いたいという意図があるます。しかも企業はロイヤリティーなどを加盟店から徴収しており、フランチャイズ店舗が赤字でも、損をしないことがほとんどです。

こういった企業側の意図を考えつつ、直営店とフランチャイズの違いを理解すれば、どのビジネスでフランチャイズを申し込めばいいのか、大変参考になるはずです。

本日はコンサルタントの筆者が、詳しく解説いたします。

続きを読む

フランチャイズは搾取される?フランチャイズのメリットは?

フランチャイズというと、ネガティブな印象を持つ方も多いのではないでしょうか?例えば、“ロイヤリティーが高いのでは”とか、“初期費用が高そう”、という印象を持つ方もいると思います。たしかにコンビニのように、ロイヤリティー、初期費用が高額であったり、ロイヤリティーや初期費用がゼロと記載されていても、実際は高額な仕入れを受けなければならないなどということがあります。

フランチャイズビジネスはフランチャイズの運営会社に搾取されるだけと思われがちですが、実際の所はどうなのでしょうか。本日はコンサルタントの筆者がフランチャイズが搾取されているのか?どうか詳しく解説いたします。

続きを読む

フランチャイズは融資の審査が通りやすい3つの理由

フランチャイズを検討していて、手持ち資金が少ないと考えたくなるのが金融機関による融資ですよね?

結論から言えば、個人でゼロからビジネスを開業にする場合に比べて、金融機関からの融資ははるかに審査が通りやすいのです。なぜならすでに企業のブランド力や実績もそうですが、大きな理由が事業計画書の信ぴょう性です。

本日はコンサルタントした筆者が、フランチャイズが金融機関の審査が通りやすい3つの理由を詳しく解説いたします。

続きを読む

在日外国人や経営者が知るべき就労ビザ取得のための6つのステップ

「就労ビザを手に入れて日本で働きたい!」
「外国人の労働者を雇いたいが、就労ビザはどのように取得できるのか?」

日本で外国人が働くためには「就労ビザ」が必要になりますが、就労ビザを取得するためには入国管理局が定めた14の専門分野でのスキルが必要になりますが、就労ビザをもつ外国人のほとんどはIT技術者、翻訳者、英語教師、デザイナーの職です。

ですから、今から就労ビザを取得する方や、外国人を採用したい経営者の方は、このことを念頭に入れて、本日紹介する外国人が就労ビザをとるための6つのステップを理解しておく必要があります。

本日はWEBコンサルタントを務める筆者が、最短で就労ビザを取得するための方法を解説します。

続きを読む

国内で3倍に増えた外国人ITエンジニアの背景や採用方法を徹底解説

「日本人のエンジニアを採用できないから、外国人を採用してみよう」
「外国人エンジニアをどのように採用すれば良いのか?」

経済産業省のデータによると、2020年にはIT人材の不足者は日本国内で20万人に上ると言われており、多くの企業では日本人エンジニアを採用したくても、なかなか採用できない企業が多く、その不足を補うために外国人の採用を考え始めている企業も増えております。

母国から、日本に来る外国人は勉強熱心でスキル意識が高い外国人が多いのですが、一方で日本語ができる人材はほとんどいないため、外国人の採用に二の足を踏む企業も多く、かといって日本人エンジニアの採用は厳しいため、多くの企業が悩んでいるのが実態です。

しかし、社内公用語を英語にして外国人の受け入れやすい体制を作り、外国人ITエンジニアの採用を積極的に行う企業も出てきております。

本日はWEBコンサルタントを務める筆者が、外国人エンジニアを採用するための概要を解説します。

続きを読む

今すぐITエンジニアが英語を身につけるべき理由とは?250万円も年収をアップさせた事例を紹介

日本ではITエンジニアの数が絶対的に不足しており、英語ができなくても求人に困ることはありません。そんな状況であっても英語はITエンジニアに必要になるのでしょうか?

結論から言えば、ITエンジニアで英語ができる人材は、非常に少ないため、もしITスキルと英語の両方が出来れば、同じようなスキルの人に比べて年収は10~30%増えるのが、業界ではよくあることです。

また、スキルが低いエンジニアであっても、英語さえできれば年収を大幅に増やすことができ、筆者の知り合いの女性も転職で年収を250万円もアップさせることができました。

本日はWEBコンサルタントを行っている筆者が、ITエンジニアの英語の必要性について詳しく解説いたします。

続きを読む