ITエンジニア

国内で3倍に増えた外国人ITエンジニアの背景や採用方法を徹底解説

「日本人のエンジニアを採用できないから、外国人を採用してみよう」
「外国人エンジニアをどのように採用すれば良いのか?」

経済産業省のデータによると、2020年にはIT人材の不足者は日本国内で20万人に上ると言われており、多くの企業では日本人エンジニアを採用したくても、なかなか採用できない企業が多く、その不足を補うために外国人の採用を考え始めている企業も増えております。

母国から、日本に来る外国人は勉強熱心でスキル意識が高い外国人が多いのですが、一方で日本語ができる人材はほとんどいないため、外国人の採用に二の足を踏む企業も多く、かといって日本人エンジニアの採用は厳しいため、多くの企業が悩んでいるのが実態です。

しかし、社内公用語を英語にして外国人の受け入れやすい体制を作り、外国人ITエンジニアの採用を積極的に行う企業も出てきております。

本日はWEBコンサルタントを務める筆者が、外国人エンジニアを採用するための概要を解説します。

続きを読む

今すぐITエンジニアが英語を身につけるべき理由とは?250万円も年収をアップさせた事例を紹介

日本ではITエンジニアの数が絶対的に不足しており、英語ができなくても求人に困ることはありません。そんな状況であっても英語はITエンジニアに必要になるのでしょうか?

結論から言えば、ITエンジニアで英語ができる人材は、非常に少ないため、もしITスキルと英語の両方が出来れば、同じようなスキルの人に比べて年収は10~30%増えるのが、業界ではよくあることです。

また、スキルが低いエンジニアであっても、英語さえできれば年収を大幅に増やすことができ、筆者の知り合いの女性も転職で年収を250万円もアップさせることができました。

本日はWEBコンサルタントを行っている筆者が、ITエンジニアの英語の必要性について詳しく解説いたします。

続きを読む